現在の位置 : ホーム > 国際教育 > 英語科の取り組み

英語科の取り組み

これから私たちは、世界の人々と話し合う機会がますます増えます。様々な国々に住む人々と英語で分かり合い、よりよく生きていく方法を一緒に考えていきます。英語で相手を理解し、自分の考えを伝えていけるようにし、国際社会に生きる日本人として、豊かな教養と語学力を身につけていきます。

学習内容

朝学習

入学したらすぐに英語の文字に対する基本的な音の出し方についてネイティブの先生と一緒に学習します。文字と音の約束がわかるようになります。すると、知らない単語でも音の出し方がわかるようになり、教科書以外の英語の本を読むことができるようになります。
朝音読するという習慣をつけます。元気な声を出して発声することで朝のウォームアップになりますし、学習内容の定着にもなります。
1600の英単語を学習します。文部科学省の学習指導要領で決められた1200語程度の語数に400語を加えることでより発展的な英語力を身につけられるようにします。
3年次は中学課程のまとめ及び、高校英語へ突入する時期です。今何をすべきかを自分で考えて学習できるようにします。

授業

教科書を中心に進めていきます。時間数が多いので、教科書で学習したものを使った活動が充実しています。友人へ手紙を書いたり、自分の街の紹介を模造紙でしてみたりすることができるようになります。ネイティブの先生と一緒にゲームをしたり歌を歌ったりして楽しく学習できる時間もあります。また、単元ごとにテストをして到達度をはかるようにもしています。

英会話

ネイティブの先生主導のもと、授業で習った表現を実際の会話の中で使えるように練習していきます。また、ゲームやアクティビティを通じて日本語を使わない英語のみの活動も充実しています。

講座

時期や季節に応じて内容を変えて実施しています。主な講座をあげておきます。

ALT

専任のALTを配属し、授業だけではなく休み時間もALTとの会話を楽しみ、英語が日常化し楽しいと感じる教育の場とします。課外の時間に文化や習慣の違いについて英語で質問したり会話したりすることができます。

 ノブラック先生

成果目標