現在の位置 : ホーム > 中学の学び > 学習システム > 朝学習

朝学習

朝学習の考え方

「朝学習」は、一日の始まりのウォーミングアップの時間帯と考えます。英語音読、新聞書写・音読、計算ドリル、を毎日行います。授業が始まる前に音読、書写、計算、言うなれば「読み」「書き」「そろばん」を行うことにより、基礎基本を身につけます。また、それぞれのウォーミングアップドリルで集中力、語学力、論理構成力を養いたいと考えています。英単語コンテスト、計算力コンテスト、漢字(語彙)コンテストにつながる時間としています。

朝学習イメージ

計算ドリル 

決められた時間の中で単純な問題を数多く解いたり、解き方を発表し合ったりすることにより、脳の活性化を図ります。それにより授業への集中力を高めます。また、計算の結果を毎日記録することにより、生徒自身が日々の成長を実感でき、レベルアップへの意欲を高めます。学期の最後には計算力コンテストを実施し、計算力を競い合い、共に向上していくことを目標にします。

英語音読・英単語力

扱う材料は既習の教科書の本文や基本文です。一度学習した英文の音読を毎朝繰り返すことによって記憶を確かなものにします。音読を続けることにより、英文の意味を日本語に置き換えることなく英文のままで理解できるようになり、初めて見る英文も速く正確に読めるようになります。音読の他に、学習した英文を使って歌を歌ったり、体を動かしたり簡単なアクティビティをします。毎朝実践することで脳の活性化を図ります。

新聞などの書き写し、読書、漢字力・語彙力強化

新聞などの書写しや読書を通じて、語彙力・漢字力・論理構成力の強化を図ります。意味が分からない語句や難しい漢字を自分で調べるという学習を通して語彙数を増やします。また、難しい漢字練習を行うことにより漢字力を強化します。漢字(語彙)コンテストへとつなげます。

※ 朝学習の内容と時間配分は段階を踏みながら変化させます。