現在の位置 : ホーム > 教科・教員 > 技術・家庭科

技術・家庭科

学習進度

技術・家庭で輝く学習進度

 

成果目標

◎技術分野
ものづくりなどの実践的・体験的な学習活動を通して、基礎的・基本的な知識や技術を習得するとともに、技術と社会・環境との関わりに理解を深め、実生活や実社会に適切に活用する能力を身に付けることを目標とします。

◎家庭分野
自分たちの生活を見つめ返し、衣食住にかかわる生活全般の「自立」を目指します。
家庭に関する基礎的・基本的知識の習得と、それをもとに自分の考えをしっかり持ち、健康で快適な生活ができることを目指します。

 

通常授業のすすめ方

◎技術分野   
1、2年生は隔週で2時間連続、3年生においては1時間の授業になります。また、講義以外に実習などの体験的な授業が中心となります。

◎家庭分野
授業で学習したことをもとにして、実践的・体験的な学習を取り入れていきます。
附属幼稚園での幼児との交流、幼児のおやつ作りとしての手作りパン実習、ミシンによる小物の製作、被服製作、調理実習などを予定しています。

 

使用教材(予定)

◎技術分野

教科書 技術・家庭(技術分野)開隆堂
副教材 技術・家庭ノート:技術分野  新学社

◎家庭分野

教科書 技術・家庭(家庭分野)開隆堂
副教材 技術・家庭ノート:家庭分野  新学社(1年),技術・家庭ハンドノートA・B・C・D   正進社(2,3年)

 

 体験しながら楽しく学ぼう!

SONY DSC 

将来の自立にそなえて、さらに豊かに生活していくための力を身に付けましょう。

調理など、できるようになったことを増やして生活の中で生かしましょう。

家庭科 鳥海楊子先生